MENU

理想の現場を探す

看護師の求人情報を探す時、ハローワークなどの求人専門施設を利用するのが一般的ですが、より多くの求人募集を見るには、ネットの看護師求人サイトを活用するのが早道。これらのサイトでは、非公開求人をはじめ全国を網羅しているため、今度の職場は地方で探したいという人にもオススメです。

 

利用するにあたって、費用は一切かからないことが特徴でもあるので、無料登録だけでもしておくと、最新の求人を随時、いち早く知ることができるので大変便利。今の職場をこのまま続けようかどうか迷っている状況でも無料登録はできるので、いざ転職活動を本格的にスタートすることになった時に、時間を短縮することができすぐに行動に移せるんです。

パソコン工房公式サイト

 

次の職場は、絶対に失敗したくない!と思う人は少なくないハズ。看護師不足と言われている今、せっかく転職するのですから、スキルをあげたい。お給料面をもっと優遇して欲しい。今より休日を増やしたい。もっと近くで働きたい。などの希望条件はいくつ言ってもOK。

 

登録している看護師求人サイトの専門コンサルタントが、あなたにぴったりな職場を探し出し、入職するまでしっかりサポートしてくれます。ここまでお世話してくれるのに費用はかからず無料なのですから、利用しないのはもったいない話ですよね。

 

看護師の求人、機械化の導入

看護の求人は年々増えていっています。この様なデータも有ります。仕事を求めている求職者に対し、企業が労働者を求めている求人の割合ですが1.0以上だというデータが出てるなら、それは、求人の方が求職者より多いという事です。看護師の求人の割合は2.8とかなり高めとなっています。他の産業、仕事の割合は1.0以下が多い中でこの数字はスゴいことです。

 

しかし、看護師には離職率の高さが目につきます。その原因の一つに過酷な労働環境に問題があります。夜勤をする時間が何十時間にも及ぶからです。これが、辛くて転職したりしてしまうので離職率がかなり高いと言うわけです。しかも病院側が看護師の人数をどんどん増やそうという動きがあるので、どんどん看護師の需要が高くなってきます。

 

しかしその分供給がたりていない為、看護師の需要と供給のバランスは崩れてきてると思います。その為にも看護師の機械化導入を進めているところもあるようです。勿論、機械ではなく人でしか出来ないこともあります。しかし、圧倒的に看護師の負担を減らすことで離職率の低下を促す事ができると思います。きちんと仕事をプログラムされた機械が導入されれば色々仕事にも幅を利かせられるとかと思います。

転職したい!求人を探す時はどんな時?【体験談】

看護師転職を引越しを機にして行うという方も多いです、看護師転職は経験があれば比較的行いやすい職種であり、ブランク期間があっても給料の維持もしやすく、資格も半永久的という利点もあります。
引越し先の職場を見つけたい時は引越しする場所にもよりますが、近隣ならば情報収集しやすいですし、看護師仲間等の繋がりから探す事も可能です、こうした場合は職場の状況も掴みやすく求人広告等に記載されていない具体的な待遇を知る事が出来ます。

 

遠方地の場合には状況によっては情報を集めにくく、求人情報の範疇で調べる以外にない事もあります、結婚して引越しを行って遠方地で転職先を見つけるという時に注意したい事は、やはり待遇面の確認になります。
待遇は金銭的な問題だけではなく労働時間も大きな要因で、特に結婚後に家庭と仕事をバランス良く両立させたい場合は、職場が人員をどういう風に回していて、何か急用があった時に出勤を変わってもらえるような環境があるか知りたいものです。

 

医療現場は地域や病院によって環境が相当に違っていますから、医師や看護師が集まらない病院や、院長が少ない人員で回している場所では、休日を取る事も難しい場合があります。
転職ではどんなライフスタイルで仕事をしたいのかを考えて、全てを希望通りにいかなくても、拘り点と妥協点を整理しないと失敗してしまう可能性もあるので注意したい所です。

看護師をしていて転職したいと思った瞬間

看護師をされている方でこれまでに転職をしたいと思った事があるという方は多いと思います。ですが、そういう人の多くは職場の人間関係が上手く行かないという理由や思ったように自分の仕事を評価してもらえないという理由がその大半だと思います。

 

ですが、私は看護師をしていて転職したいと思ったのは上記のような理由からではありませんでした。では、私はどういう理由で看護師から転職したいと思ったのかというと、それは同じ病院で働いている管理栄養士の仕事を見て、私も同じような仕事をやってみたいとスキルアップをしたいという気持ちから看護師から転職する事を決意しました。

 

では、どういった点で看護師よりも管理栄養士になってスキルアップをしたいと思うようになったかというと、確かに看護師も病院で必要な存在である事は確かです。ですが、残念な事に管理栄養士ほど専門性が高いわけではない上に仕事内容も看護師は激務の割には管理栄養士ほど賃金も高くないです。

 

ですから、私はそういう現実を目の当たりにして看護師として一生を終えるよりも管理栄養士として活躍したいと思って看護師から管理栄養士に転職する事を決意しました。もちろんそのためには国家試験に合格しないといけないですが、がんばって合格して管理栄養士としてやっていきたいと思っています。

母の病気がきっかけの転職

私が今まで看護師の仕事を続けてきて、転職をしたいと思った事は母が病気になった時でした。私は、実家から離れた病院に勤務していたため、一人暮らしをしながら看護師の仕事を行っていました。

 

実家には、たまの休みに帰るぐらい。そんな生活を3年ほど続けていた時、実家の母の体の具合が悪くなってしまったのです。入院中は、週に一度のペースで、休日を利用し病院通いを行っていたのですが、実際、退院後の方が大変だったのでした。今まで、家事など母に任せっきりだった父は、家事を何もする事ができず、その上、母の看病も必要になり、どうしても、父一人で母の面倒を見る事は難しい状態でした。その為、ヘルパーさんなどを利用していたのですが、いつまでも、このような生活を続けて行く事は出来ないという事になり、私が今の病院を辞め、実家近くの病院に転職する事に決めたのでした。

 

実際、看護師の場合、転職先の求人を探す事は、さほど、難しい事ではありませんでした。しかし、母の看病もあった為、夜勤などのある総合病院の病棟勤務は避け、外来勤務に限って求人を探す事にしました。それでも、すぐに転職先は見つかり、お蔭で無理なく母の看病と看護師の仕事を両立させる事ができたのでした。

先生が仕事熱心すぎる

こんなはずじゃなかったなと今更ながら思っています。

 

と言うのは、今勤務している医院は神経内科なのですが、先生が凄く仕事熱心なのです。結構、名前も知られている先生なので個人の開業医院としては患者さんの数が物凄く多いのです。他の医院から紹介されてきた患者さんとか地元の患者さんで、待ち時間も長いのです。

パソコン工房公式サイト

 

先生は昼ごはんも食べずに、9時診察開始から夜9時10時までも診察をします。仕事が大好きで、全く長時間の仕事も苦にならないのだそうです。ですが、看護師としては、それに付き合わなくてはならず、幾らシフトがあるとはいえ大きな病院の様に、勤務時間が終了したから直ぐに帰宅できるわけではありません。

 

どうもその辺りが、昔からルーズさを引きずっていて、何となくみんな時間外でも仕事をしてしまうのです。手伝わずにサッサと帰ってしまうのは気が引けてしまうのです。だから、ちょっと仲良しチームの様になっているのが自分には向かないです。仕事だけ自分の勤務時間が終わったらサッサと帰りたいのです。家族的雰囲気もあるし、先生は有名でお仕事大好きで、患者さんにとっても良いのですが、働く身には、もう少し事務的に割り切って仕事時間に区切りをつけてほしいです。

 

今はまだ働き始めて半年だから、もう少し様子を見て又転職を考えようかなと思っています。

急性期病棟の独特な雰囲気についていけずに転職を考える

看護師の働く職場の中でも、急性期病棟で働いている看護師は、仕事ができてかっこいいというイメージがあると思います。しかし、急性期の病棟というのは、看護師が働く職場の中でも最もハードで、一日中バタバタしています。

 

急性期の病棟には独特のスピードがあり、そのスピードについていけない人は、ストレスを感じて転職を考えてしまいます。それに、急性期の病棟は急変が一日に何回もあり、ステルペンも頻繁あります。このステルペンが精神的に辛くて、辞めたくなる人も沢山います。仕事だと思って割り切ろうとしても、それが担当の患者さんだったりすると、家族にどのように声をかけたらいいか分かりません。それに、看取りに慣れてしまうのも逆に怖くなってしまいます。

 

急性期病棟のそのような業務内容がストレスになるようであれば、やはり、無理に働き続けないで自分に合った職場に転職をする事も大切です。看護師の転職求人サイトなどを利用すると、いろいろな職場の求人が揃っていますから、コンサルタントに相談する事で、自分に合った転職先を探してもらう事ができます。一人一人性格が違うように、自分に合う職場というのも違います。看護師の働く職場は、病院以外にも介護施設やクリニックなどいろいろなところがありますから、転職サイトを利用する価値は多いにあります。

 

看護師が転職を考える理由について

看護師という仕事やその待遇は、比較的に安定しているように思われています。しかし実は意外なほど流動的な環境なのです。退職届けを出して転職する方が非常に多く、それを裏付けるかのように、どこの病院でも看護師の求人を出しています。

 

では何故転職するのでしょうか。一般の企業にも見られるような人間関係の問題や給与・労働条件の問題も当然あるのですが、看護師ならではの理由も多く見られます。それはスペシャリストとしてのスキルアップを望む時です。何しろ難関の国家試験を突破して得た資格です。医療の最前線で活躍するプロフェッショナルとして、もっと自分の能力を高めたい、または十分に発揮したい、そんな気持ちが高まった時に転職を考えるのです。

 

現在の職場環境への不満でもある訳ですが、より快適な環境を求めているのとは少し違うことが分かります。そして前提として、転職先がたくさんある売り手市場であることが拍車を掛けています。
いずれにしても看護師の転職における根本的な動機は、仕事と自分に対しての意識の高さの現れとも定義付られるでしょう。医療は奥が深く、終わりがありません。もしかすると、ある意味で看護師ほどやりがいのある仕事はないのかも知れません。

キャリアアップのための転職

看護師から他の職種へ転職を考えている人の中で、長年勤めていた看護の経験を生かして、保健師や病院の管理職などの上級職として就く事を考えている場合があります。

 

看護の仕事を長年続いていて、将来的に保健師などの上級職に仕事に就く事を考えている場合に、定年まで同じ仕事を行う事は仕事のスキルが上昇しないで、自分の人生に後悔する人がいるからです。保健師などの上級職に就けば、仕事のスキルや給料がアップする事を見込めます。さらに多くの人々に貢献したいという思いを持って、より幅の広い仕事に従事できて、後悔のない人生を送れる可能性が高いです。

 

看護師の仕事でも長年続いている人に関して、人のお世話をする仕事ばかりを行なわないで、上級の仕事にキャリアアップをしている人もいます。例えば、仕事に関して専門性を必要とする集中治療室などの看護の仕事に従事して、キャリアアップをしている人も多いです。民間の病院などに勤めていた人の中では、現場などの経験を生かして多くの人に役立つために国家公務員として仕事に就く事を希望している人もいます。初めて仕事に就いてから数年以上が経過している場合、仕事の更なるやりがいやキャリアアップなどを考えている人が転職を考えています。

更新履歴